専任媒介契約とは??一般媒介契約とは??

  • HOME
  • ブログ
  • 専任媒介契約とは??一般媒介契約とは??

このページをご覧の方は、一括査定サイトで売却査定を依頼し、
訪問査定を行い、ある程度の相場価格を把握しどこの不動産会社を選ぼうかという方が多いと思います。

ここでは、土地建物、マンションを売却しようとしている方に、媒介契約について説明いたします。
『不動産売却で多くいただくご質問の1つを解決致します!!』

専任媒介契約とは?

媒介契約とは、不動産の売買を成立させるために販売活動を不動産会社に依頼する契約のことです。
専任媒介契約とはそのうちの一つの契約方法で、もう一つ一般媒介契約というものもあります。
契約とつきますので、費用が発生するのでは?と思われる方もいらっしゃいますが、この場面では費用は発生しませんのでご安心ください。

【メリット!!】
☆レインズに登録義務があるため可能性が広がる
レインズへの登録を行うことによって、登録された物件の情報は全国の不動産会社が見ることができるので、
早く、高く売れる可能性があります。
☆2週間に1回以上の報告義務
不動産会社に業務処理の状況報告が義務づけられているので、状況の把握がしやすい
☆自分でも購入者を探すことができる
専任媒介契約では、自己発見の取引が認められているため、知り合いなどのご自分でお持ちの人脈を使うことができます。
【デメリット××】
☆複数の不動産会社に依頼することができない
専任媒介契約は不動産会社を複数選ぶことができません。
複数選びたいときは一般媒介を選択します。

~総評~
時間をかけて納得する価格で売却をしたい場合には、「一般媒介契約」
スピード重視で買い手を見つけたい時には「専任媒介契約」オススメ致します。

現在の広告の仕方としては、ポータルサイト(ネット集客)に掲載することがほとんどになっており、
必要な方が必要な情報を得るというスタイルに変わっています。
そのため、一般媒介契約にすると同じ物件が同じページに並ぶことになりますので、
お客様が分散し、集客がうまくいかない場合も出てきています。
一般媒介契約をする際には、2~3社を目途に依頼することをお勧め致します。

認定
無料査定依頼・お問い合わせはこちら
直接お電話でお話を聞きたい方はこちら
at home